マンガメ

管理人による独断と偏見で、漫画・アニメ・ゲームの名言(迷言?)をご紹介!

イジメッコサンドイッチのできあがりー1

作者:林田球 先生

作品:ドロヘドロ
キャラ:心と能井

藤田と恵比寿は二人で歩いていた所、藤田の知り合いであるピエロマスクの二人組に遭遇する。
ピエロマスク達は藤田に対して、パートナーである松村を殺されたにも関わらず、仇も討たずに情けないやつだと恵比寿の頭にチョップしたり、藤田をボコしたり、自分達よりもさらに弱いものを虐めて楽しんでいた。
そこに偶然現れた心と能井は、ピエロマスク達を一瞬でぶっ殺し、死体でサンドイッチを作るという芸術を披露し、藤田と恵比寿を助けたのであった。

虐めただけでも一瞬でぶっ殺される世界観こそまさにドロヘドロの魅力である。
林田先生のクレイジーで図抜けたセンスを感じます。


藤田に絡むピエロマスクの二人組。藤田もそうだが下っ端感が丸出しである。
イジメッコサンドイッチのできあがりー2

ピエロマスクは恵比寿の頭にチョップして「キュッ」という変な音を出す恵比寿をからかって遊ぶ。
イジメッコサンドイッチのできあがりー3

しかし現れた能井に、本物のチョップを見せつけられ身体を一刀両断されてサンドイッチのパン部分のできあがり。
イジメッコサンドイッチのできあがりー4

もう一人のピエロマスクは心に心臓を抜き取られ、サンドイッチの具の部分となるのであった。
イジメッコサンドイッチのできあがりー5

この後で情けなく助けられて恵比寿を守れなかった藤田は、心と能井にオレを鍛えてくれと懇願するのですが、「めんどくせぇ」と断られてしまう。
少年漫画であれば鍛えられた藤田が強くなったのであろうが、そんなベタなストーリーはドロヘドロの世界には不要なのだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ボス・クソカタス1

作者:林田球 先生

作品:ドロヘドロ
キャラ:恵比寿

煙のスイーパー(掃除屋 ※殺し屋)である心は、魔法使いを殺しまくっていたカイマンと一騎討ちを行い、カイマンの口の中に謎の男(栗鼠)がいる事を目撃する。
煙達は謎の男の秘密を探り、既に殺されていた栗鼠の生首を発見する。
死者を蘇らせる魔法使いを探していた煙は、その能力を持つカワイイ動物(キクラゲ)を手に入れる事に成功し、ボスである煙自らがクソをカタしてあげるという微笑ましいシーンである。
プルプルしながらクソをひねり出しているキクラゲが可愛いですね。
センス溢れるカタカナ言葉で実況する恵比寿は、まだゾンビ化の後遺症で脳味噌がシェイクしている状態だ。


ファミリーのボスである煙はやり手の実業家でもあり、キクラゲのために専用のデカい部屋を用意してあげる程にカネを持っているのだ。
ボス・クソカタス2

キクラゲの小屋の隣に、栗鼠の生首をぶっ刺して、キクラゲが栗鼠を復活させる事を待つ煙達。
フカフカの腹毛を楽しむ恵比寿。
ボス・クソカタス3

キノコを愛し、キノコ魔法の使い手である煙は、この動物にキクラゲという微妙な名前を命名し、呆れる部下達であった。
ボス・クソカタス4
タグ :
ドロヘドロ
恵比寿
ボス・クソカタス
クセェ
キクラゲ
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

アイムハングリー1

作者:林田球 先生

作品:ドロヘドロ
キャラ:恵比寿(ゾンビ化した状態)

煙のスイーパー(掃除屋 ※殺し屋)である心と能井は、ホールで魔法使いを殺しまくっていたカイマンとニカイドウを始末するべく、ホールにやってきた。
その日のホールは、死者がゾンビとなって甦るリビングデットデイの真っ最中で、カイマンとニカイドウは死者を成仏させる為のゾンビ狩りをしていた。(今年のスローガンは「止まるな、殺せ」)
心と能井と一緒にホールに来た藤田と恵比寿であったが、ゾンビに頭をかじられた恵比寿もゾンビ化してしまう。
心はカイマンとの一騎打ちで、カイマンの首をトンカチでぶった切って勝利するも、カイマンのナイフで心臓を貫かれて倒れ、ゾンビ化した恵比寿が心を食おうとするドロヘドロらしいクレイジーなシーンである。


相棒だった松村をカイマンに殺され、カイマンを恨む藤田は、ターゲットであるカイマンを発見したが、目を離した隙に無言で頭をゾンビにかじられる恵比寿。シュールである。
アイムハングリー2

ナマニクを欲して暴れるゾンビ恵比寿。
能井は修復魔法の使い手で、何でも治す事ができるのだ。(ただ死者を蘇らせる事はできない)
アイムハングリー3
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ