マンガメ

管理人による独断と偏見で、漫画・アニメ・ゲームの名言(迷言?)をご紹介!
Twitterで更新通知してます。https://twitter.com/siranaimeigen

カテゴリ: 冨樫義博 先生

おやすみなさい・・・メルエム
おやすみなさい・・・メルエム2

作者:冨樫義博 先生

作品:HUNTER×HUNTER
キャラ:コムギ

作品中でも最強キャラと言ってもよいであろうキメラアントの王であるメルエム。
NGLや東ゴルドーの人間を大量虐殺し、人間を虫ケラ・家畜・エサ扱いしながら自らの帝国の建設を進めていた。

人間側からは危険な存在であるメルエムの討伐がハンター協会に依頼され、人間の中でも最強であったハンター協会会長ネテロが派遣される。
メルエムは殆どノーダメージのまま、ネテロの片手片足を奪い圧倒し、戦闘に勝利するが、ネテロが体内に仕込んであった爆弾「貧者の薔薇」を至近距離で自爆炸裂させて、メルエムに瀕死の重傷を負わせる。

瀕死のメルエムは部下の生命エネルギーを取り込む事で一度は復活するが、貧者の薔薇による汚染は回復不能であり、余命数時間である事を悟る。
側近達も全滅し、メルエムが最後に選択したのはコムギとの軍儀打ちをして最後の時を過ごす事であった。
天才的にあらゆる知識を学習するメルエムであっても、コムギには一度も勝てず軍儀の奥深さに感銘し、コムギとは種を超えた強い絆で結ばれており、コムギもまた自分には軍儀しかないと考えており好敵手であるメルエムに出会えた事に運命を感じていた。

メルエルの死の間際、そんな二人が最後に交わした言葉である。
コムギもまた死をともにする事を決め、メルエムからの汚染により息を引き取る。


死が迫るなか、コムギの居場所を教えてくれと懇願するメルエムと、美しきパーム
おやすみなさい・・・メルエム4


人間との交流や闘いを通じて、人間と分かり合い適切に統べる方法を理解するも、全ては遅すぎるのであった。
東ゴルトー帝国では50万人以上の人間を虐殺しており、死をもって償う運命は避けられなかったでしょう。
おやすみなさい・・・メルエム5
おやすみなさい・・・メルエム6


最後の時間をコムギとの軍儀をして過ごし、新しい打ち手の閃きがたくさん生まれる中で生涯最高の喜びを感じる二人はこの瞬間のために生まれてきたのだと理解する。相思相愛である。
おやすみなさい・・・メルエム7
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

hutiiyahisoka


作者:冨樫義博 先生

作品:HUNTER×HUNTER
キャラ:アゴン

ハンター試験の四次試験においてネームプレートの奪い合いをしていた参加者達。
ヒソカは誰でもいいのでネームプレートを奪える相手を探していて、レオリオとクラピカに遭遇する。
レオリオとクラピカはなんとか交渉で、ネームプレートを1枚譲渡する事でヒソカとの戦闘回避に成功する。

ヒソカはクラピカ&レオリオとの一触即発のやりとりで興奮し、殺人の衝動を抑えられなり、たまたま見つけたアゴン(雑魚キャラ)を襲う。

淵というのは伊藤潤二先生のホラー漫画「ファッションモデル」に出てくるキャラクターで、
ものすごい存在感のある超コワイキャラでした。
どうやらアゴンも伊藤潤二先生の作品を読んでいたようですね。。


ヒソカはレオリオとクラピカが殺しがいのある獲物に成長するまで我慢する道を選ぶも、一度高ぶった殺人衝動を我慢するのは至難の業であり欲情するヒソカはこの表情である。
淵いやヒソカ2
淵いやヒソカ3


見るからにやられキャラのアゴン、全読者がこいつすぐ死ぬなと思った事だろう。予想通りスーパーモデル風のヒソカに瞬殺される。
淵いやヒソカ4
淵いやヒソカ5



※参考画像:モデルの淵さん
デ、デケェ。。。サイズが北斗の拳
huti1

自分よりカワイイモデルを殺害するプロ意識の高い淵さん
hiti2

何もしてないブサイク眼鏡はあっさり殺害するも、
イケメン主人公には眼が無い淵さん
huti3
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

こっちだ ついて来い
こっちだ ついて来い2

作者:富樫義博 先生

作品:HUNTER×HUNTER
キャラ:ゴンさん

カイトを殺したネフェルピトーとの復讐の闘いにおいて、ゴンは「もうこれで終わってもいい」「貴様を殺す」と今までの無邪気な少年のゴンとは異なった無慈悲な面を見せる。
実力的には格上だったネフェルピトーに対して、己の命を圧縮し未来を全て投げ出して得た瞬間的な力で、驚異的なロン毛とともに肉体的に成長したゴンさんは、恐ろしく強かったネフェルピトーを瞬殺するのであった。
筋骨隆々の大人の肉体にも関わらず、子供服のままのためピチピチ状態になっており、しかも顔は童顔のままだったため、読者に強烈なインパクトを与えた。
今までのあどけないゴンとのギャップから、敬意を込めて巷ではゴンさんと呼ばれている。


ネフェルピトーにとどめを刺すゴンさん。コマをはみ出す程のロン毛である。
こっちだ ついて来い3


しかしその代償は大きく、ゴンは病院で昏睡状態となり身体はボロボロになってしまったが、後にキルアとアルカ(ナニカ)によって救われる。
こっちだ ついて来い4
こっちだ ついて来い5
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ