マンガメ

管理人による独断と偏見で、漫画・アニメ・ゲームの名言(迷言?)をご紹介!

タグ:イエローテンパランス

tagosakugaa

作者:荒木飛呂彦 先生

作品:ジョジョの奇妙な冒険
キャラ:ラバーソウル

DIOの刺客であるラバーソウルは、花京院に化けてレロレロプレイで承太郎を翻弄し、その能力は敵の肉体を消化して取り込むという恐ろしいスタンド、イエローテンパランスの使い手だった。
観覧車の中でのバトルで、承太郎は肉体を取り込まれない為に鉄パイプでラバーソウルをぶん殴るも、スタンド能力でスライム状の鎧をまとったラバーソウルには効かず、イナカもんを馬鹿にするような発言で挑発してくるのであった。


このラバーソウル様、作品中でも屈指の美しい日本語表現の使い手で、明日からでもすぐに使える言葉をたくさん教えてくれる。
ぜひ全国の小学生に国語教師として啓蒙を与えて頂きたいものである。
この田ゴ作がァ2
この田ゴ作がァ3
この田ゴ作がァ4

そんな多才なラバーソウル様であったが、形勢が不利になると命乞いをし、仲間を売る事はできないと言いつつも、殴られそうになると一瞬で手のひらを返す知的な合理主義者でもあるのだ。
例にもれず、降参すると見せかけて承太郎に不意打ちをしようとして逆にボコられるという小悪党の鏡のような存在であった。
この田ゴ作がァ5

なお、田吾作というフレーズはアン(家出少女)も挑発に使っており、荒木先生の表現センスを感じますね。
この田ゴ作がァ6


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

レロレロレロレロ1

作者:荒木飛呂彦 先生

作品:ジョジョの奇妙な冒険
キャラ:花京院典明に変身したラバーソウル

シンガポールに到着した承太郎一行は、ジョセフの能力によって「花京院に気をつけろ」という暗示を受ける。
それを知らず花京院と行動を共にしていた承太郎は、普段とは異なる花京院の異常な行動を目の当りにする。
承太郎が飲んでいたココナッツジュースに入っていたチェリーを貰った花京院は、アンニュイな上目使いでレロレロとチェリーを下で転がし、腐女子読者達を大興奮させたのであった。


花京院が何かに取り憑かれてしまったと判断した承太郎は、花京院をぶん殴って目を覚まさせようとするも、顎が真っ二つになってもまだレロレロしている狂気の花京院。
レロレロレロレロ2

昆虫を美味しそうに食べる狂気の花京院。
これは花京院に化けたラバーソウルがスタンド能力、イエローテンパランスによって生物を取り込んでパワーアップする事が目的であった。
レロレロレロレロ3

財布を盗んだスリに対し、美しい言葉遣いで制裁をする花京院。
アルゼンチンバックブリーカーという往年の名プロレスラーばりの大技をかます。
レロレロレロレロ4
レロレロレロレロ5

ちなみにレロレロプレイはラバーソウルの癖かと思いきや、本物の花京院もインドに向かう電車の中でレロレロするのであった。
絶句する承太郎は一体何を思っているのか。。
rerorerorero2


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ