肉焦がし
nikukogasihoneyaku


作者:福本伸行 先生

作品:賭博黙示録カイジ
キャラ:兵頭和尊

カイジとのEカードでの勝負に負けた利根川は約束通りカイジと死んでいった仲間達に対して土下座で詫びる事になる。
利根川の雇い主である極悪ジジイの兵頭はただの土下座では誠意の有無が分からないと述べ、肉焦がし骨焼く鉄板の上で10秒以上土下座をするように利根川に命じるのであった。


今まで誠意の無い口ばかりの謝罪を受けてきた兵頭。
安い土下座に意味は無く、金を返す事ことが唯一の誠意の表明だと主張する。
まあ確かに当たっている気もする。
肉焦がし2
肉焦がし3


自力では焼き土下座に耐えられない人のために、土下座強制機を用意して黒服の支援までつけてくれる優しい兵頭先生。
肉焦がし4


洗練されたデザインの土下座強制機。社畜用にオフィスに一台は欲しくなる社長も多いでしょう。
肉焦がし6


一方で自力で焼き土下座をやりきった根性のある利根川。
登場した頃はラスボス感のあった利根川ですが、しょせんは兵頭に使われる中間管理職にすぎんかった訳です。
肉焦がし5