マンガメ

管理人による独断と偏見で、漫画やアニメの名言?をご紹介!
こんな面白い作品があるってことを紹介するきっかけになればと思います。
Twitterで更新通知してます。https://twitter.com/siranaimeigen

本間丈太郎

君が美しいからな

君が美しいからな


作者:手塚治虫 先生

作品:ブラック・ジャック
キャラ:ブラック・ジャック


満月病(クッシング症候群)という難病のせいで、多毛症と肥満体になってしまった山下クミは、働いていた喫茶店も辞めざるをえなくなり、ボンボンのキモ系彼氏には醜くなってしまった事が原因で振られてしまう。
ブラックジャックは毎年の墓参りの際に喫茶店でクミに会えるのを楽しみにしており、満月病を治す手術を無報酬で実施、クミは元の美しい見た目に戻る事ができた。
美しくなったクミを見て、よりを戻そうとしつこく迫る元彼をブラックジャックが成敗し、なぜ私にこんなに良くしてくれるのかと尋ねるクミにブラックジャックが答えた台詞である。

実はクミの父親は、ブラックジャックを瀕死の重傷から救った本間丈太郎だった。
陰ながら恩師の娘の息災を見守っていたブラックジャック。かっこいいですね!
君が美しいからな2



人間が生きものの生き死にを自由にしようなんておこがましいとは思わんかね

おこがましいとは思わんかね


作者:手塚治虫 先生

作品:ブラック・ジャック
キャラ:本間丈太郎


老衰により自分の死期を悟った本間丈太郎は、
ブラック・ジャックに手紙とともに、
カルシウムの鞘に入ったメスを送ります。

実はそのメスは本間丈太郎が、
瀕死の重傷を負った子供時代のブラック・ジャックを手術で助けた際に、
ブラック・ジャックの体の中に置き忘れてしまったもので、
ブラック・ジャックが自分の体を守るためにメスをカルシウムで包んでいた。

自分の重大なミスを告白し老衰死を迎えようとする本間丈太郎を、
ブラック・ジャックが手術で助けようとするが、
完璧な手術だったにも関わらず、本間丈太郎は死んでしまった。
落ち込むブラック・ジャックに本間丈太郎(の霊?)が放った名言である。

進歩した医学は植物人間やハイブリッドやクローン、
遺伝子組み換え生物など不自然なものをたくさん作り出しましたね。
これもまたおこがましいと言えるのでしょう。


記事検索
Twitter プロフィール
ブログ更新通知用のアカウントです
タグクラウド
読者登録
LINE読者登録QRコード